MENU

子供のワキガにクリアネオを!

クリアネオ

 

クリアネオはワキガの臭いを防ぐデオドラントです。

 

そのクリアネオの公式サイトでは
たった10秒でワキガの臭いを消すといっています。

 

確かにちゃんと使えばクリアネオに効果があることは
私自身も実際に使ってわかりました。

 

でも、ワキガの臭い自体はかなり強い臭いでよね!

 

そんな臭いを立ちどころに消し去るなんて
クリアネオには、ヤバい化学成分がきっと沢山入っている!

 

そんな風に考えると自分の子供のワキガに
クリアネオを使ってみたいと思っても、その使用に
躊躇しているお母さん方もおられるのではないでしょうか?

 

大人のワキガに効果があるといわれるクリアネオですが、
子供にも使えるのか、悪い影響はないのか、そこを調べてみました。。

 

子供だってワキガになりやすい時代?

ワキガといえば大人の悩みの様に聞こえますが、
子供にもワキガはあります。

 

10代後半から中学生になる頃に子供なりに自覚していき、
特に女の子は友達などの関係についてその体臭に悩み始めるのです。

 

最近の子供は成長が早く、食生活の
欧米化(体臭が強くなる)等、ワキガの発生も低年齢化していきています。

 

特に体臭の臭さによるいじめなどもあり、無視できない問題になっています。

 

クリアネオはデオドラント製品ですが、
子供とデオドラントの関係をみてみると、
高校生くらいになるまでは、ワキガの臭いを
発するアポクリン汗腺が成長段階なので、
まだ手術ではなくデオドラントの使用が現実的にも良いみたいです。

 

クリアネオの公式サイトでは、全年齢対象品といっています。

 

これは子供でも大人でも使って
大丈夫というものですが、その裏付けとして、

 

@ 24時間閉塞バッジテスト
A 低スティンギングテスト
B RIPTテスト

 

というものをクリアネオは実施しています。

 

@の24時間閉塞バッジテストとは研究所など
の第三者機関が行っているもので、複数の
男女の皮膚にクリアネオをつけて24時間後の状態をみる検査です。

 

Aの低スティンギングテストとは肌にクリアネオを塗り、
ピリピリ感の刺激があるかどうかを調べるテストです。

 

もちろんない事が皮膚に悪い影響を与えない事になります。
これも第三者機関の研究所によるものです。

 

BのRIPTテストとは、肌に対しての刺激が
有るかどうか、6週間に渡って調べるテストです。

 

やはり第三者機関で行っています。

※第三者機関とはクリアネオと関係しているものではないので、その評価に対して、公平性があります。

 

いずれのテストもこのクリアネオはクリアしています。
これは子供の皮膚に悪い影響は余り与えないと言う事になります。

 

他にもアルコールや金属アレルギーもクリアしており、
クリアネオの構成成分は自然由来によるもので多く構成されています。

 

これは元々、漢方薬に使われている成分と同じなので、
すなわち漢方は副作用がない事が知られていますから、
この事もクリアネオが子供の肌に悪い影響を与えない要因の一つになっているようです。

 

よくある化粧品や制汗剤に使われている
石油系やオイル、着色料、シリコン、香料などは成分に入っていません。

 

まとめ

クリアネオは年齢に関係なく子供にも使えます。
また、特に使うにあたり、注意する点は有りません。

 

しかし、クリアネオがすべての子供の肌に合うかどうかはわかりません。

 

天然由来でも成分が多いので、
中にはこれでアレルギーになる子供が、いるかも知れないからです。

 

低リスクである事は確かなようですが。
もし、あなたのお子さんが体臭に大変悩んで
いるのなら、クリアネオには専門のスキンケアアドバイザー
が設置されているので一度、ここに御相談されてみるのも一つの方法かもしれません。

 

>>>クリアネオの詳細のわかる公式HPはコチラ

 

クリアネオについて知っておきたい情報

他社品比較

クリアネオで損しないための情報

わきがに関する豆知識

このページの先頭へ