MENU

クリアネオを妊娠中に使う人が知っておくべきこと

クリアネオ

 

女性が妊娠するとホルモンの影響で体質が変わる場合があります。

 

例えば、汗をよくかく様になったり、臭いに敏感になったりします。

また、肌のアレルギー反応も変わる場合があります。

 

しかし、残念ながら、体臭がよくなる事は有りません。

むしろ汗をかきやすくなる為、特に夏場の
妊娠は体臭が強くなる場合が多いのです。

 

このような時にワキガや足の裏、裾ワキガ等の体臭
に効果のあるクリアネオを使いたいと思うのですが、
果たしてクリアネオは妊娠中につけても良いのでしょうか?

 

今回はこの点について解説します。

 

妊娠中に気を付けなければならない事は、体に
悪いものを取り込まない事です。

 

例えば、水銀の多い魚介類(指定があります)を食べない、
お酒やタバコをしない、猫などの菌や寄生虫のいる
動物を触らない、ストレスを溜めないなど、そして
肌に直接つける薬類や消臭デオドラントなども、安全性や
アレルギーが確認されているものを使用するべきです。

 

そこでクリアネオの成分の安全性が知りたくなる
のですが、クリアネオの代表的な成分を調べると

 

○殺菌成分 イソプロピルメチルフェノール(O-シメン-5-オール)

○制汗成分 パラフェノールスルホン酸亜鉛

○消臭成分 7つの消臭成分(柿渋エキス、セージ、シャクヤク、あま茶、ユキノシタ、海藻、ドクダミ)

 

があります。

 

まず殺菌成分のイソプロピルメチルフェノールですが、
これは医薬品では軟膏や消毒液に使われています。

 

医薬部外品ではデオドラントやハンドソープに
よく使われている成分です。

 

安定した成分で刺激がなく、アレルギーもほとんど有りません。

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛もデオドラント剤に
よく使われている成分です。

 

汗腺のたんぱく質に作用して蓋の様な効果があり、
発汗を抑えます。

 

但し、配合の量に100g中2.0gまでの制限があります。

クリアネオに使われている量は少量なので
問題はないそうですが、肌の合わない人はいるかも知れません。

 

次に7つの消臭成分ですが、これらも昔から漢方薬に
使われている成分です。

 

漢方薬の成分は本来、食べ物なので体に害がない筈です。

 

妊娠した場合、ホルモンの影響でニキビや吹き出もの、
シミなどが出来る場合があります。

 

クリアネオは成分の刺激やアレルギーについも
第三者機関で調べており、低刺激なデオドラント
である事を証明しています。

 

この場合でもクリアネオは安心して使う事が出来そうです。

 

まとめ

以上クリアネオの妊婦への影響を解説しました。

 

結論をいえばクリアネオは妊婦にも
使える消臭デオドラントであるといえそうです。

 

メーカーであるソーシャルテックは、気になるのなら
医療機関に相談するように主張しています。

 

この点についてはクリアネオが安全であるとしても、
健康な赤ちゃんを産む為には一度、お医者さんに
ご相談される事をお勧めします。

 

体臭など気にしない事が出来ればより
安心して健康的な妊娠を続けられる筈です。

 

>>>クリアネオが効かないといわれる理由はコチラ

 

クリアネオについて知っておきたい情報

他社品比較

クリアネオで損しないための情報

わきがに関する豆知識

このページの先頭へ