MENU

クリアネオ

 

ワキガの方や体臭を気にされている方の
中でネットなどで話題になっているのがクリアネオです。

 

価格は高いですが、従来のデオドラントや
制汗剤にくらべ、臭いを抑える効果が高いと言われています。

 

ネットでの口コミや評価では良いものが
目立ちますがそんなクリアネオの成分は何が入っているのでしょうか?

 

クリアネオの代表的な成分とその働きを検証したいとおもいます。

 

まず、クリームに含まれている全成分です。

 

参考までに列挙すると、
有効成分としてはパラフェノールスルホン酸亜鉛、イソプロピルメチルフェノール

 

その他の成分では、
架橋型ポリエーテル変性シリコーン混合物、
メチルポリシロキサン、架橋型メチルポリシロキサン、
デカメチルシクロペンタシロキサン、PEG-9 
ポリジメチルシロキシエチル ジメチコン、セリサイト、
メチルハイドロジェンポリシロキサン、
架橋型シリコーン・網状型シリコーンブロック共重合体、
イソノナン酸イソトリデシル、精製水、塩化ナトリウム、
クエン酸ナトリウム、エタノール、フェノキシエタノール、
1,3-ブチレングリコール、ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液、
ウーロン茶エキス、チョウジエキス、クララエキス、オウバクエキス、
ラベンダーエキス、カキタンニン、炭酸水素ナトリウム、
炭酸ナトリウム、チャエキス、クマザサエキス、シャクヤクエキス、
ハマメリスエキス、紅茶エキス、ドクダミエキス、セージエキス、
ブドウ葉エキス、ビワ葉エキス、オトギリソウエキス、
カモミラエキス、シナノキエキス、トウキンセンカエキス、

ヤグルマギクエキス、ローマカミツレエキス、
アルピニアカツマダイ種子エキス、プルーン酵素分解物、
ヒメフウロエキス、ユキノシタエキス、ダイズエキス、アマチャエキス、
海藻エキス、加水分解シルク液、水溶性コラーゲン液、
ヒアルロン酸ナトリウム、コメヌカスフィンゴ糖脂質、
水素添加卵黄レシチン、卵黄リゾホスファチジルコリン、
無水ケイ酸、l−メントール、クロルヒドロキシアルミニウム、無水エタノール

 

沢山入っていて何が何だかわからない状態ですね(笑)

 

こんなに多くないとワキガの強烈な臭いに対抗できないのでしょうか?

 

次にボデイソープに含まれている全成分です。

 

水、カリ石ケン素地、コカミドプロピルベタイン、
PG、コカミドメチルMEA、塩化Na o-シメン-5-オール、
グリチルリチン酸2K 、クマザサ葉エキス、チャ葉エキス、
アロエベラ葉エキス、 アルゲエキス、 カキタンニン、
ドクダミエキス、オウゴン根エキス、シャクヤク根エキス、
ヒアルロン酸Na、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、
BG、 炭酸水素Na、 炭酸Na 、EDTA-4Na 、
ユーカリ葉油、 エタノール、 フェノキシエタノール、 クロラミンT

 

と、これ又、ボデイソープにもすごい数の成分が入っています。

 

クリアネオの成分の特徴とは?

 

クリアネオのクリームやボデイソープに使われている成分
をよく見ると古くからある自然由来の漢方薬と同じものが使われているのが特徴です。

 

例えば、オウゴン根、シャクヤク、茶葉などは古くからの漢方薬の原料です。

 

漢方薬は食品に含まれている成分なので基本的には体に害がありません。

 

上記の成分の特徴と役割を全部説明すると
日が暮れるので、ここではクリアネオの代表的な主な成分の役割と特徴を見ていきましょう。

 

クリアネオクリームの主成分とその働き

@イソプロピルメチルフェノール( o-シメン-5-オール)

これはワキガの原因となる菌を殺す働きをします。

 

無味無臭であり、広範囲の菌の殺菌に有効で、
カビ、水虫、O−157などに抗菌効果を示します。

 

臨床試験でのアレルギー反応の報告は無いという事です。

 

安定性のある成分で、持続時間が長いのが特徴です。
クリアネオのワキガ菌の殺菌と長時間の臭いの防止に役立っています。

 

Aパラフェノールスルホン酸亜鉛

これは汗の出る場所(汗腺)の働きを抑える収れん剤です。

 

発汗抑制、脱臭効果があります。
汗腺のたんぱく質を固める働きをするので、
汗腺の穴が狭くなり、結果発汗が抑制され汗の出が悪くなります。

 

汗と皮脂の出を防ぐのでニキビの治療に使われてもいます。
クリアネオではワキガ菌の餌となる汗と皮脂を防ぐ事でワキガ臭の発生を防いでいます。

 

この成分は中性で、やはり肌への刺激は少ないです。

 

B柿渋エキス

これはクリアネオのメインとなる消臭成分です。

 

柿渋エキスとは渋柿を発酵させて造られたエキスです。

 

ノロウイルスに効くなど幅広く、抗菌、殺菌、
収れん効果を持つ成分で、古来から日本で利用されてきました。

 

Cその他6種類

(セージ、シャクヤク、ユキノシタ、アマ茶、ユキノシタ、
海藻エキス)これらは、抗菌消臭の働きをもつものです。

 

効果はちょっと微妙ですが、セージは
古代エジプトやローマで薬として、喉の痛み、
記憶力向上などに利用されていました。

 

強い抗酸化作用があります。
シャクヤクは抗菌・収れん作用のある生薬です。

 

ユキノシタは消炎効果、アマチャは抗アレルギー作用を持っています。

 

ボデイソープの主成分とその働き

@イソプロピルメチルフェノール( o-シメン-5-オール)

クリームの@参照

 

Aその他6種類の抗菌成分

(クマサザ葉、チャ葉、オウゴン、シャクヤク、
ユーカリ)クマサザ葉は抗菌、収れん作用があり、
茶葉は抗菌、抗酸化作用、オウゴンは消炎、
シャクヤクは抗菌、収れん作用があります。ユーカリは殺菌、沈静作用があります。

 

以上が主にワキガなどの臭いに対して効果を発揮する成分です。

 

この成分は保湿の為のものや、付け心地を
良くするもの、クリームとしての状態を作るもの
などです。お分かりになられたでしょうか?

 

まとめ

クリアネオの成分は他の低価格な消臭デオドラント製品
に比べ数多い成分で造られています。

 

それは自然由来の成分ですが、個々の成分の
力は弱いので多くの成分を使う事で効果が強く
なるように考えられている様です。

 

特にワキガに効果が有るようにする為、
抗菌、殺菌、消臭に効く成分にクリアネオは主眼を置いているようです。

 

クリアネオについて知っておきたい情報

他社品比較

クリアネオで損しないための情報

わきがに関する豆知識

このページの先頭へ